学資保険は貯蓄よりお得か?

学資保険をこれからかける人は、特に気になることといえば、学資保険というのは、貯金や貯蓄よりも得なのかどうかですよね。学資保険は受け取る合計の金額と、支払った合計の金額が同じということはありませんし、上回るということも言えません。支払った額と受け取るときの満期保険金の合計をあらかじめ計算してみるとよくわかると思います。ですから貯蓄なら、支払ったお金がそのままたまっていくわけですが学資保険の場合には、支払ったお金がそのまま反映されるとは限らないということになりますからもしかするとお得にならないこともあると思います。

 

金額的な面からみると先ほど紹介したように学資保険はお得ではないかもしれませんが、学資保険は保険ですから、契約している親に何かがあったときや、本人に何かがあったときには、補償が付いてきます。親が亡くなったときには、それ以降の学資保険料は免除されますし、子供が死亡してしまったときには、満期保険金がもらえるような補償がありますからその点を考えると貯蓄では補償はないので、お得といえばお得になるのかもしれません。金銭面で見てお得なのか、補償面で見てお得なのかという点を見て選ぶのがいいですね。

学資保険ランキング

学資保険ランキングを紹介したいと思います。学資保険を選ぶ時の参考になるのが学資保険ランキングです。このランキングを見れば今一番選ばれている学資保険が何かということがとてもよくわかるのではないでしょうか。たとえば今学資保険で選ばれているランキング1位の学資保険はアフラックのかわいいこどもの保険という学資保険です。そして次に学資保険で人気があるのはアリコの学資積立プランです。こちらは学資保険ランキング2位にランクインしています。そして学資保険ランキング3位は三井住友海上きらめき生命のこども保険です。そして4位が太陽生命の学資保険わくわくポッケ、そして学資保険ランキングの5位は損保ジャパンひまわり生命のこども保険という結果になっています。

 

学資保険ランキングを見てそのまま鵜呑みにして学資保険を選ぶというのはいけませんがあくまでも参考程度に学資保険を選ぶ時に見るのはどうでしょうか。学資保険ランキングの保険がそのままあなたの希望するような学資保険であるかどうかは何とも言えませんからランキングをそのまま利用するのではなくて、そのランキングを見て中身を確認してから選ぶといいのではないでしょうか。そうすればスムーズに選ぶことができると思います。

 

 

 

学資保険を選ぶ前に

学資保険をこれから加入しようと考えている人は額保険に加入する前にいろいろと今加入している保険を見直した方がいいかもしれません。子供の教育資金を貯めることが目的の学資保険ですが、学資保険料を支払うことになったおかげで毎月の保険料の支払いが膨大な額になってしまって家計を圧迫しているのでは意味がありませんよね。学資保険というのは家計を圧迫してまで加入する保険ではありませんから、加入前には見直しが必要なのです。たとえば何を見直すのかというと、子供の保険に関して今まで入っていた保険と、学資保険では重複した内容の補償が付いているところがないか確認しましょう。重なった内容の補償があるならその点は学資保険に含めない方法も可能です。また現在の家計の状況も把握しておきましょう。学資保険を支払っていく余裕が本当にあるのか確かめましょう。

 

加入済みの保険を見直す時に、もしも同じ補償内容ものがあればどちらかを外すなどして対応しなければ無駄な保険料の支払になります。このように学資保険に加入する時には家計の見直しも大切ですし、今加入している保険の内容もしっかりと見直すことが大切なのではないでしょうか。それから加入しても遅くはありません。